細麺が使われる

博多ラーメン博多ラーメンの大きな特徴の1つとして細麺があります。豚骨スープとの相性がとても良いのです。まるでそうめんのように白くて細い麺が使われているのです。極細ストレート麺が使われるのが一般的となっています。ラー麦という専用の小麦が使われています。コシはなくて粉っぽくなっており、スープをしっかりと吸います。そのため、のびやすくなっており、分量が少なめになっていて、替え玉を前提として食べることが多いです。

どうして細麺が採用されているかというと、スープと絡みやすくするためです。また、元々は市場関係者のために短時間で提供できるように考えられたラーメンであり、細麺の方が都合が良かったのです。これが広まって、やがては博多ラーメンのスタンダードとなりました。

ただし、店舗によっては細麺以外の麺が使われているケースもあります。そのため、博多ラーメンといっても、完全に決まったスタイルがあるわけではないのです。

また、麺については硬さを指定できるのも大きな特徴となっています。ハリガネやカタ、バリやわなどの種類があります。多くの方がカタで注文をするとされています。また、基本的に硬めで提供されることが多いです。このような特徴のある麺が博多ラーメンには採用されています。