細麺が使われる

博多ラーメン博多ラーメンの大きな特徴の1つとして細麺があります。豚骨スープとの相性がとても良いのです。まるでそうめんのように白くて細い麺が使われているのです。極細ストレート麺が使われるのが一般的となっています。ラー麦という専用の小麦が使われています。コシはなくて粉っぽくなっており、スープをしっかりと吸います。そのため、のびやすくなっており、分量が少なめになっていて、替え玉を前提として食べることが多いです。

どうして細麺が採用されているかというと、スープと絡みやすくするためです。また、元々は市場関係者のために短時間で提供できるように考えられたラーメンであり、細麺の方が都合が良かったのです。これが広まって、やがては博多ラーメンのスタンダードとなりました。

ただし、店舗によっては細麺以外の麺が使われているケースもあります。そのため、博多ラーメンといっても、完全に決まったスタイルがあるわけではないのです。

また、麺については硬さを指定できるのも大きな特徴となっています。ハリガネやカタ、バリやわなどの種類があります。多くの方がカタで注文をするとされています。また、基本的に硬めで提供されることが多いです。このような特徴のある麺が博多ラーメンには採用されています。

豚骨スープ

博多ラーメンの大きな特徴といえばやはり豚骨スープでしょう。豚骨スープには豚の旨味がしっかりと凝縮されているのです。白濁していて、とても濃厚な味がするのが大きな特徴となっています。しっかりと高温で長時間煮込むことによって、豚骨からダシを取っています。そのため骨のゼラチン質もしっかりと溶け込んでいるのです。ほんのりととろみがついています。

豚骨スープ豚骨スープといえばこってりとした味を思い浮かべる方がいるかもしれません。しかし、博多ラーメンについては、意外とあっさり風味の味となっていることが多いです。そのため、見た目のイメージとは異なりどんどん食べることができるでしょう。

また、お店によってスープの濃厚さというのは異なっています。豚骨スープと一口にいっても、その味や香り、風味といったものは千差万別なのです。それぞれのお店の個性が出てくるものとなっています。そのため、いろいろな味を楽しむことができるでしょう。

また、東京で食べるとんこつラーメンと博多ラーメンは似て非なるものとなっています。まったく別物であると考えた方が良いでしょう。普通の豚骨ラーメンが苦手な方であっても、博多ラーメンの豚骨スープは平気だという方は多いのですしかし博多ラーメン愛知で店舗をかまえているお店では、ラーメン一杯に対しての豚骨使用量は全国トップクラスで提供してるところもあります。豚骨密度の高い芳醇でクリィーミーのスープです。

ラーメンの種類は豊富

ラーメンは多くの日本人が愛している食べ物です。元々は中国で生まれたものですが、それが日本に伝わって独自に発展してきたのです。そのため、今ではラーメンというのは日本食を代表するものとなっています。

ファンラーメンの大きな特徴として地域差があります。日本各地にそれぞれの土地ならではのご当地ラーメンというものが存在しているのです。そのため、ラーメン好きの方はいろいろな土地を訪れて、その土地のラーメンを食べ歩いている方も少なくないでしょう。ラーメンの種類は非常に豊富なのです。そのため、いろいろな味のラーメンを楽しむことができます。味の好みというのは人それぞれ異なるのですが、ラーメンの場合は自分の好きなものを見つけることがきっとできるでしょう。それぐらいバラエティ豊かに展開されているものなのです。

ご当地ラーメンの中でも特に有名なものがいくつかあります。その1つとして博多ラーメンがあります。こちらは博多で食べられているラーメンです。たとえば博多を訪れれば屋台で博多ラーメンを出してくれるお店はたくさんあるでしょう。他のラーメンにはない特徴があるのが魅力となっており、多くのファンが存在しています。そのため、ぜひとも食べてみましょう。

こちらでは博多ラーメンの特徴について説明しましょう。一体どのような特徴のあるラーメンであり、どんな魅力があるのかを解説します。ラーメンが好きな方はぜひとも博多ラーメンにチャレンジしてみてください。